高所作業車でラクラク作業|格安リースで誰でも利用できる!

高所作業車

高所作業車の種類

中古販売されているアルミウィングなら激安価格で購入できますよ。好きなメーカーに絞り込んでリサーチしませんか?

日曜大工で大活躍する電動工具の買取依頼ができるところとなるのがこちらです。専門家が機器を買ってくれます。

高所作業車の種類と用途について

作業員

高所作業車にも様々な種類があります。構造によって分類すると、ブーム式と垂直昇降式に分かれます。前者はクレーンのようなブームを備え、その先に作業床としてバスケットが取り付けられています。作業者はこのバスケットに乗って作業します。後者はプラットホームが垂直に昇降する構造になっています。 一方で高所作業車を走行方式により分類すると、トラック搭載式と自走式の二つに分けられます。前者はトラックに先に述べたような高所作業のための機構が組み込まれたものです。公道を走行することが可能ですので、高速移動をすることができます。自走式はその名の通り高所作業のための機構が自走する仕組のものです。ホイール式とクローラ式があります。自走式は行動を走行できないために、別の場所で使う際には別途運搬が必要になります。 さて、比較的広いスペースで作業を行う際にはトラック搭載式のブーム式高所作業車が良いでしょう。安定感があり、しかも運搬のための手間や費用もかかりません。しかし、狭い場所や屋内での作業には向いていませんので、垂直昇降式や小さな自走式の高所作業車を使うことになります。

高所作業車のレンタルサービスについて

建築業や造船業など、高所作業車を日常的に使用する業種であれば購入するのが一般的でしょう。しかし、撮影現場や特殊な作業などで一時的に用いる場合には、そのような高額なものを購入するわけにはいかないのが実情です。置き場にも困ってしまいます。そこで、高所作業車をレンタルで利用できるサービスを提供している業者が増えてきました。 また、労働安全衛生法により、作業床の高さが10メートル以上ある高所作業車の運転については、資格がなければ運転業務を行うことができません。そのため、高所作業車と一緒に有資格者であるオペレーターも派遣するサービスを行っている業者もあります。もし、作業床の高さが10メートル以上ある高所作業車を使用しなければならないような場合やそうでなくても操作に慣れた人がいない場合には、オペレーター付きのサービスを利用すべきでしょう。

長距離運転も可能な中古トラックを探しているなら、中古車専門店へどうぞ!気になる機能や価格をここでしっかり比較できますよ。

中古のフォークリフトを買取っているのがこちらです。動かなくなったものでも高額で買ってくれるので人気ですよ!

危険な作業に利用する

高所作業車

高所作業車を利用する場合、鉄柱を上の作業場まで引き上げる役目があります。この作業者は建設業者の所有しているものとは限らず、レンタルで利用しています。運転する場合は電気工事士の命を預かるので、資格取得は難しいものです。

» 詳細へ

レンタルでの料金

高所作業車

高所作業車は、高い場所で作業を行う際に使われる特殊車両のことです。空港での機体洗浄や信号機や街路灯の点検補修などに利用されます。レンタル金額については、時間.1時間から10時間程度、2万円代から5万円代(車のみ) です

» 詳細へ

急な目的でも使える

作業員

所作業車と呼ばれる特殊作業車は、20mや30mでの作業も可能な車両です。普段はあまり使用しないんだけれど急に必要になったという方は、レンタルサービスが便利です。講習を実施してくれるところで実際に操作しておきましょう。

» 詳細へ